ジャグラー実践データまとめ スロット

【設定判別】レギュラーが先行しているファンキージャグラー2を追った結果【単独RBの罠】

12月5日、5が付く日のジャグラーイベントでファンキージャグラー2の設定狙いのため、朝一から最近通い始めた店へ出勤。日曜ということもあり前回のイベント時よりも抽選人数は多かったが、無事ファンキー2を確保することに成功。レギュラー確率に大きな設定差のあるファンキージャグラー2だが、今回はレギュラーが先行した台を約7000G回してきたので、一日を通して台がどのような挙動を示したか詳細な実践データと共に紹介する。

ファンキージャグラー2 実践

この店のファンキージャグラー2の設置台数は10台、朝一の入場番号は33番だったので取れるか微妙なラインだったが、先客のほとんどが5号機ジャグラーに流れて行ったので余裕で確保することに成功。この店は最近通い始めた店で、過去のブログ記事でも書いた通りジャグラー系のイベントをする時は5号機よりも6号機のジャグラーに高設定を投入する傾向が高いことが過去データから分かっている。しかも、そのことに気付いているライバルも少なさそうなので設定狙いでよく利用している店舗だ。

打ち始めること投資6本、先ペカからBIGをゲットし、そこから比較的早いゲーム数でボーナスを重ねる。しかし、増えない。何故ならバケしか引けないから。はじめにBIGを2回引いた後は、約1500Gの間でBB1・RB11、バケに偏り過ぎだろ…。

他のファンキー2で強そうな台も無いし、RB確率は抜群なので追ったところ、追加10本ほど入れたところで引いたBIGから少し連荘して、漸く投資が止まったと思ったのも束の間、今度はストレート880Gハマり。総回転約3700GでBB8(1/460)・RB14(1/263)と言った具合でBIGは重いがバケは設定6並に引けているので続行することに。

バケを3回引いた後にBIGだけで4連荘をして、この日初めて箱を使う。しかし、ジャグ連で得た出玉はこの後お決まりのBIG間1000Gハマりで消滅し、またもや追加投資が始まってしまう。最後までBIG確率は回復することなく、ペカれどもペカれどもバケを引き続け、22時前にノーマネーでフィニッシュです。

スランプグラフ

詳細データ

ブドウ確率:1,102個(1/6.20)

非重複チェリー確率:176個(1/38.85)

単独BIG確率:10回(1/683.7)

チェリー重複BIG確率:7回(1/976.7)

単独RB確率:19回(1/359.8)

チェリー重複RB確率:6回(1/1139.5)

投資:1,748枚(1,000円46枚貸し)

回収:0枚

機械割:91.5%

当選履歴

216G チェリー重複BB

112G チェリー重複BB

129G RB

136G RB

190G RB

46G RB

9G チェリー重複RB

156G BB

161G RB

71G RB

47G チェリー重複RB

258G RB

266G チェリー重複RB

54G RB

261G BB

56G RB

80G RB

225G BB

266G チェリー重複BB

40G RB

16G チェリー重複BB

880G チェリー重複BB

117G RB

157G RB

10G RB

40G BB

119G BB

6G BB

32G チェリー重複BB

109G RB

594G チェリー重複RB

237G RB

138G BB

171G BB

171G RB

178G RB

261G チェリー重複RB

28G チェリー重複BB

177G BB

147G RB

58G BB

245G チェリー重複RB

167Gヤメ

まとめ

バケ確率が良いから追った結果、痛い目を見た。ジャグラー打ちあるあるだと思います。ただ、今回打った台はRB確率は良いものの、前回打ったファンキージャグラー2比べるとブドウ確率がかなり悪くなっている。設定別のブドウ確率が公表されてないので推測になるが、おそらく中間~低設定のバケのヒキ強だったように思う。因みにこの日のファンキー2に高設定っぽい台はなく、6号機アイムジャグラーの方に高設定挙動の台が散見されたので、狙い機種を絞る段階から外していたのだろう。それでもファンキー2の設定6は魅力的なスペックなので、イベント時には今後も積極的に狙っていきたいと思う。

6号機ファンキージャグラー2の関連記事はコチラから↓↓↓

-ジャグラー実践データまとめ, スロット
-, ,